不動産・住宅(家)を適正価格で売却するにはどうすればいいのか!?

不動産・住宅(家)を適正価格で売却するにはどうすればいいのか!?

不動産・住宅(家)を売るのって簡単ではないですし、少しでも高く売りたいと思いますよね。

早速ですが、不動産・住宅(家)を適正価格で売却するには、家を買ってくれる側にどのような人達がいて、どういう仕組みで売却ができるのかを知ることが大事です。

いくつか売却パターンがありますので、その仕組みを見てみましょう。

個人に売却する場合

個人に売却する場合、買う側からの視点で見ると、内見を重ねて住宅ローンの審査をしたりと契約に至るまでに時間は掛かるが、適正価格に一番近い価格で売却できる可能性が高い売却方法です。

売却価格 - 仲介手数料 = 売却益(不動産仲介を通さない場合、仲介手数料不要)

不動産仲介会社に依頼するケースが一般的かと思いますが、仲介業者も高く売れた方が手数料が多く入るので、少しでも高く売却できるよう対応してくれます。

法人に売却する場合

法人に売却する場合、価格が折り合えばすぐに売却できる可能性が高いです。

早期売却が一番のメリットとなります。

法人からすれば、事業として活動しているので、早く売買物件を手に入れて事業活動に繋げていくからです。

裏を返すと法人は購入した物件をリノベーションするなりして再販するので確実に相場より安い買取価格を提示してきます。

一般的に相場の5~8割ぐらいになりますが、直接法人に買い取ってもらえば仲介手数料がかからないので、買取価格が安い分、個人売却と比べて少しは補えるかと思います。

※個人への売却が法人への売却より高い保証はございませんので、ご了承ください。

ただ、お金よりも短期間で早く売却したい方もいると思いますので、その場合は法人の買取がお勧めですし、個人では中々買い手が付かないような物件でも法人なら活用する術があり、購入してくれる可能性が高いので、このような方にもお勧めとなります。


不動産・住宅(家)の売却は動くお金が大きいだけに、かなり慎重になることだと思いますが、仕組み自体はいたってシンプルです。

売却前にお住まいのエリアの販売価格を調べたり、いつまでに売りたいのかを決めたり、不動産屋に全てを任せっきりにするのではなく、ご自身でも必要な知識を最低限持ち合わせた上で、売却プロセスに臨まれることが不動産・住宅(家)を適正価格で売却するポイントとなります。

それでは、本日は以上となります。

LIFEカテゴリの最新記事