木造戸建て住宅はシロアリ対策が必要なの?

木造戸建て住宅はシロアリ対策が必要なの?

木造住宅というものは、常にメンテナンスと付き添いながら暮らしていく住宅です。
このメンテナンスも住宅ライフスタイルを形成する一部として捉えていけると
より愛着のあるマイホームになるかもしれませんね。

ということで、本題に入りますが、新築で木造住宅を購入した場合、一般的にはシロアリ被害に対する保証が5年間付与されますので、5年後以降、どのようなメンテナンスをしていけばいいのでしょうか?
ポイントを絞って解説します。

なぜシロアリ対策が必要なの?

シロアリはお家の土台や柱などの木材を食べるからです。
木材を食べるということは柱などにスカスカの空洞ができてしまい、お家の強度や寿命に悪影響を及ぼす可能性が非常に高くなるので、定期的にシロアリからお家を守る薬剤を散布するメンテナンスが必要になります。

シロアリ対策の期間は?

5年間で保証が切れるということは5年間毎にシロアリ対策を行いましょう。
保証が付いてるほど安心できることはないですよね。

どの業者に依頼するの?

・住宅を建築した住宅会社
・シロアリ対策の工事を専門にしている会社
(防蟻や防蟻工事とネットで検索するとたくさんの業者が検索されると思います。)

業者選定の基準は?

保証や工事の質なども重要ですが、工事前に現地調査をしっかりと行い、現況を丁寧に説明してくれる業者を選択されるのがいいかと思います。
それは、現地調査を行った際にすでにシロアリ被害が発見される可能性もありますし、その場合、シロアリ対策と併せて、構造部材の補強をしなければならないからです。 
シロアリを防ぐのも大事ですが、家が壊れてしまっては元も子もないですよね。


それでは愛着のあるマイホームと毎日ワクワクするライフスタイルをおくりましょう!

LIFEカテゴリの最新記事