予算が足りなくても自由な間取りの戸建てをお得に購入する方法

予算が足りなくても自由な間取りの戸建てをお得に購入する方法

注文住宅を建てる予算はないけど、自分で思い描いた間取りの家に住みたい。
どうすれば予算を抑えつつ、自由度のある戸建てを購入できるのでしょうか?
完全自由とはいきませんが、いくつか実現できる可能性のある方法がありますので、以下に述べていきます。

分譲建売地で建物が建っていない物件を探す

売主側も買主側に建物の自由度を持ってもらえるようにと売れないリスクを回避するために、売れてから建物を建て始めるという販売手法を用いていますので、うまく活用することが出来れば、建売住宅に近い価格帯で間取りやカラー・仕上げ材などを自由に決めることができます。

また、大型の分譲建売地の場合、工事が1期・2期に分かれたりしますが、例えば、1期工事が始まっていても2期工事の建売住宅を購入する意思表示を早いタイミングで出来れば売主と交渉して、建売住宅の価格帯で間取りを好きに変更できる可能性があります。

建築条件付きの売地を探す

土地の販売広告で建築条件付き売地と記載のある広告を見たりしたことありますか?
建築条件付き売地とは、土地を購入する場合、建物を建築する会社が決まっていて基本的にそこで建ててくださいという土地の販売形式となります。

この場合、全てとは言いませんが間取りの自由があり、注文住宅を買うより安く建てられる可能性が高いです。

販売側の裏事情を考えると理解し易いと思いますが、特に土地の売主と建物を建てる建設会社が同じ会社の場合は両方で利益が上げられるので建物価格が割安になる度合いが高くなります。

たた、確認済証と言いまして、事前に建築計画を立てて役所の許可を取っている場合もありますので、その場合はすでに建物の間取りが決まっています。
そこから間取り変更をする場合は、経費が掛かりますので追加費用等が掛かるかもしれません。
とはいえ、土地単体で購入して、そこから注文住宅を建てるよりも大体は安くできるので、選択肢の一つとして検討できるかと思います。


いかがでしたでしょうか?
戸建て住宅を購入するとしても、様々な販売形態があります。
今回記事にしたことは戸建て住宅の購入の一部分のアドバイスになりますが、
不動産仲介に頼り切りになるのではなく、ご自身で知識を付けた上でお家探しをしていただけると、より納得のいく買い物ができることと、後のライフスタイルを満喫できる暮らしを実現できると思います。

それでは、戸建て住宅購入と家造りを楽しんでください!

LIFEカテゴリの最新記事