認知度向上・集客のためのYouTubeチャンネル始め方

認知度向上・集客のためのYouTubeチャンネル始め方

みなさんこんにちは。

本日は、認知度向上・集客のために始めるYoutubeということで、チャンネルの始め方について解説していきます。

何かのサービスや店舗運営を始めるとして、WEBサイトを作っただけでは誰にも見られない時期が長く続いてしまうでしょう。

多額のデジタル広告費を掛ければ、WEBサイトは見られるかもしれませんが、費用を捻出できないなど色々な課題があると思います。

今の世の中、オンリーワンのサービスというのは非常に難しく、多かれ少なかれ、競合がいる中で単純にサービスだけの差別化では、競合他社に勝つことは困難ですから、情報発信をして認知度を高めたり、集客に繋げたりといった施策が必要となります。

そんな中、YouTubeは認知を高めるために最適な媒体となり、資本力も問われず、無料で使える非常にコスパの良い媒体だといえます。

そして、YouTubeは人の顔が見えるため、人情というか人に対してファンになってもらえる可能性があるのが強みです。

また、よく戦略を練って、エンゲージメントの高い動画を配信することで、勝手にYouTubeが宣伝してくれて、ユーザーの目に留まりやすくなるので、ある意味、WEBサイトを充実させるよりも、先にYouTubeでの販促活動を行った方が確実に認知向上に繋げることができるでしょう。

それでは前置きは終わりにしてYouTubeの始め方についてご説明します。

動画撮影の準備

・企画とジャンル

配信するジャンルを絞ります。
ユーザーから見ても、YouTubeのアルゴリズムから見ても一貫した内容で配信することが、ターゲットに見合った動画で、ファンを引き付けることになります。
また、何よりも継続配信することが重要になりますので継続できるジャンルにします。
必ずしもビジネスに直結するジャンルでなくても大丈夫です。
どこで繋がるかは配信を継続しながら試行錯誤して見極めていきます。

また、始めた当初はジャンルによって、再生回数10倍以上差が開きますので、継続の次にジャンル選びも重要な要素となります。
レビュー動画などは、内容の質がよくなくても色々な意見を集めたいという人が多いので、一から始めても割と再生回数があがる傾向です。

・動画の編集能力は必須

これはYouTubeを見てもらえればと思いますが、個人で作成している動画が多いといえども編集の質は数年前と比べたら比較にならないほど高いです。
中には、編集なしで配信している方もいらっしゃいますが、知名度が元々高い方が中心です。
また、知名度が元々高くても、きれいに編集されてた方が、ユーザーからすると見易くなるので、よりエンゲージメントが高くなる可能性があります。

動画編集初心者はiPadでLumaFusionを使うのがおススメです。

直感的操作ですぐ覚えられることと、充分な機能もあり、更に価格も安いので三拍子揃った動画編集ソフトと言えます。

※LumaFusionの紹介記事はこちらから

・構成と台本

編集とリンクするところがありますが、台本と構成を綿密に練って始めなければ、動画にまとまりがなく、動画として成り立ちませんので、セリフまでとはいいませんが、しっかりと計画立ててから撮影しましょう。

・撮影機材

カメラは高価な機材を用意する必要はありません。
カメラがなければスマートフォンでも大丈夫です。

できれば、超広角に撮影できるiPhoneなどが望ましいです。
解像度はフルHD以上であれば問題ないと思います。
カメラ機材にこだわらないのは、継続することが何よりも重要なので、必要最低限でよくて後で画質は改善していけばいいということです。

但し、音声が悪いとそもそもユーザーが見る気を無くしてしまうので、音声にはこだわって外部マイクを付けて撮影しましょう。

実際の撮影と編集

事前準備が重要ではありますが、始めないと何も始まらないので時間ばかりかけていてもダメです。
良い企画がまとまらないようであれば、一旦スタートを切り、撮影していく中で、自然と改善点がわかってきますので、とにかく、実行していきましょう。

・1本の動画に対するサムネイルとタイトル

サムネイルとタイトル名は非常に重要です。
YouTubeの検索画面に表示された時に、サムネイルとタイトルの良し悪しによって閲覧されるか、されないかが決まるので、コンセプトに沿って考えておきましょう。

・撮影

始めのうちは構成や台本の質はそれほど高くできないので、とにかく、テンポよくワンカットずつ撮影していく動画構成をお勧めします。
それは、視聴者維持率にも繋がってきますが、動画開始の1~2分ぐらいでユーザーが継続視聴するかしないかの判断をするため、映像のテンポが悪ければすぐに離脱してしまいます。

・編集

とにかく、テロップを多く入れて話の内容が音声と映像でわかるようにすることと、耳障りでないBGMを入れます。また、オープニングとエンディングが明確になるようにして、継続配信しているこを匂わせるような動画構成とします。

まとめ

繰り返しになりますが、とにかく継続して数を配信していくことが何よりも重要です。

また、20本ぐらい動画を配信してみて、成果が向上されていかないようであれば、動画のジャンルや構成を変えてみて、変化を確認してみるのは一つの手です。

最低でも100本ぐらいは動画を制作する気で始めないと有名人でない限り、思うような結果を得られずに、途中であきらめて無駄になってしまうかもしれません。

とにかく継続です!

また、YouTuberとして生計を立てていくのとは訳が違いますので、再生回数に焦点を当て過ぎずに、目の前のチャンネル登録者に対して、とにかく有意義な動画を配信することに注力すれば、
自ずとファンが増えていくでしょう。

万一、中々見られないような状況が続いても、ユーザーの検索キーワードやインプレッション数など、ビジネスのヒントになる情報を多数得ることができるのも一つの市場調査的な位置づけとして活用するこができると思います。

とにかく、今の時代に認知向上やファンを増やすのであれば、YouTube一本に絞っていいぐらいです。

もちろん、ゆとりがあればSNSと複合的に活用して、各媒体毎のターゲット層に向けて情報発信することが望ましいですし、いまから始めても遅いということはありませんので、前向きに検討していただければと思います。

集客カテゴリの最新記事