不動産売却を検討されている方 不動産買取という選択肢をご存知ですか? 不動産買取 VS 不動産仲介

不動産売却を検討されている方 不動産買取という選択肢をご存知ですか? 不動産買取 VS 不動産仲介

不動産を売却しようと思った時、皆さんなら街の不動産屋に行きますか?

この記事を見ていただいてるということは不動産買取をご存知ない、
もしくは詳しく理解していない方かもしれませんので、
よろしければ参考にしていただけると幸いです。

まず、大きく分けて不動産を売却する場合、
不動産会社と媒介契約を締結して、買主を探してもらうか、
不動産会社に直接買取してもらうかの2パターンがあります。

(※ここでは個人間売買や個人と企業間売買は除外しています。
 あくまでも一般的な不動産売却方法としての選択肢です。)

では、どちらの売却方法が良いかと言いますと、
個々の置かれている状況や不動産の状態によって変動してきます。

各々の売却に一長一短ありますので、
ポイントを絞って比較します。

不動産仲介の場合

・メリット

基本、個人の買主を見つけてくるため、買取より相場価格で
売れる可能性がある。

・デメリット

仲介手数料がかかる
※一般的な仲介手数料 売却価格の3%+6万円+消費税
※宅地建物取引業法で上限額が決められています。

2000万円で売却した場合、
  
60万円+6万円+6.6万円 = 72.6万円が仲介手数料

売れるまでに時間がかかる可能性がある
⇒ 売主の希望価格を考慮して買主を探すため、
  土地、物件の状態等によっては、
  買主が見つからない可能性があるということです。

不動産買取の場合

・メリット

仲介手数料がかからない
⇒ 不動産会社が直接買取するため、仲介手数料はかかりません。

買取価格の提示が早い

売却後の瑕疵担保責任が免責される

・デメリット

買取価格が仲介に比べ相場より安くなる可能性がある
⇒ 不動産会社が買取るということは、
  事業として行うので、再販するために
  個人の購入価格よりもなるべく安く購入しようとするでしょう。

以上が、不動産仲介と不動産買取の比較です。

続いて、不動産買取の場合の具体的な利用シーンになります。
ほとんどの方が少しでも高く不動産を売却したいと思いますので、
そのような考えが前提にある中で不動産買取を依頼する場合は、
どのような場合でしょうか。

不動産買取の利用シーン

・相続の事情により急いで現金化したい

・仲介の売却では買い手がつかない

・大型の土地を売却したい

・住み替えにより早く売却したい

・空家を処分したい

・不要になった収益物件を売却したい

いくつか主要な利用シーンを挙げてみました。

また、買主の立場になって考えるとわかるかと思いますが、
マンションの場合、築20年ぐらいでもリノベーションすれば、
室内は新築のような雰囲気に変えることが容易なので、
仲介でも買主が見つかる可能性が高いかもしれません。

その反面、戸建てでもリノベーションすれば
新築のような雰囲気に出来ますが、マンションより割高になるのと、
構造自体には手を加えないのが一般的なので、
基礎・構造による耐震性や耐久性を上げることは
簡単にはできないで、建物自体の価値が大きく目減りして、
希望の買取価格で売却することは難しいかもしれません。

あくまでも単純比較なので、一概に言えませんが、
個々の細かな状況によって、どの売却方法を選択するかが変わってきます。

とはいえ、業界に長けてる人でないとその細かな状況を
分析・把握することは困難です。
そのような場合、どのような判断をすればいいのでしょうか。

不動産売却の順序

※あくまでも個人的な見解ですので、
 参考程度にお考えください。

1.無料の不動産買取査定を試してみて、買取の相場を把握する。

⇒ 希望価格にマッチするようであれば売却してしまう。
  査定額にも期日があるので、駆け引きしすぎて、
  売却期を逃さないように交渉しましょう。

2.買取の相場を把握した上で、仲介の場合の売却見立てを
 不動産仲介の担当と検討してみる。

3.納得できる売却価格や売却期間で買主を探してもらえるようであれば、
 不動産仲介と媒介契約を締結して買主を探してもらう。

 不動産仲介の場合、「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」といって、
 1社としか媒介契約を結べない契約形態を締結したいと考えるので、
 売却に向けた話が信用・信頼できるようであれば、売却活動により
 力を入れてもらうのも一つの手です。

いかがでしたでしょうか?
不動産売却において、信頼できる担当者を見つけることも重要ですが、
ご自身でも必要な知識を頭に入れて進めていくことで、
より納得のいく不動産売却が実現できます。

それでは以上になります。
少しでも皆さんの参考になると幸いです。


LIFEカテゴリの最新記事