賃貸 vs 持家 生涯コストからみる比較

賃貸 vs 持家 生涯コストからみる比較

本日もVSシリーズということで「賃貸 vs 持家」について
生涯コストからみる比較をしていきたいと思います。

※過去記事:都心のタワマン VS 郊外の戸建て どっちがおススメ!?

この手の比較は条件によりどちらに軍配が上がるか分かれてしまいますが、
仮説で以下の一般的な条件を設けて、生涯コスト比較を行ってみます。

・現在の年齢を30歳とします。
・夫婦ともに85歳まで生きるとします。
・持家は4000万円の戸建てとします。
・持家は10年に一度メンテナンスを行い、その費用を150万円とします。
・賃貸は60歳まで家賃15万円とし、60歳~85歳まで10万円とします。

■持家(戸建て)の場合、生涯コスト

・住宅ローン総支払額:4,380万円(35年、頭金なし、金利0.527%、元利均等)
・家のメンテナンス:150万円×4回 = 600万円
・固定資産税:1年15万円×55年 = 825万円
・住宅借入金等特別控除(概算):1年40万円×13年 = ▲520万円

= 生涯コスト:5,285万円

■持家(マンション)の場合、生涯コスト

・住宅ローン総支払額:4,380万円(35年、頭金なし、金利0.527%、元利均等)
・管理費、修繕積立金:24万円×55年 = 1,320万円
・固定資産税:1年15万円×55年 = 825万円
・住宅借入金等特別控除(概算):1年40万円×13年 = ▲520万円

= 生涯コスト:6,005万円

■賃貸の場合、生涯コスト

・60歳まで家賃:180万円×30年 = 5,400万円
・60歳以降:120万円×25年 = 3,000万円

= トータルコスト:8,400万円

※参考 家賃10万円の場合
・60歳まで家賃:120万円×30年 = 3,600万円
・60歳以降:120万円×25年 = 3,000万円

= トータルコスト:6,600万円

■生涯コストからの考察

住み続けるのが大前提とすれば、持家が圧倒的に有利な結果となりますが、
それはあくまでも住み続けるのが大前提です。

持家の場合、途中で売却することがあった場合、
不利になる可能性が非常に高いです。

それは、日本の住宅は築年数が経つほど資産価値が極端に下がるからです。
木造戸建ての場合、築20年にもなれば価値はほぼなくなります。

マンションの場合、売却することになっても
建物の価値という意味では木造戸建てよりやや有利になるでしょう。

ということで、結論、ご自身のライフスタイルによって
生涯コストの考え方が全く違うということがおわかりなると思います。

さすがに30歳の時に、55年後の未来なんてわからないですもんね。

■生涯コストの変動要因は?

今回のシュミレーションでは、住宅ローンの金利を0.527%で
返済額を計算していますが、金利が2%になるだけで約1,300万円ぐらい
返済総額が高くなります。 この辺りが生涯コストの大きな差に
なる可能性はありますね。

■私の考える結論と体験談

この低金利時代がいつまで続くかわかりませんが、
持家にするチャンスでもあると思いますので、
この時代に家の購入機会があれば、持家をオススメします。

また、途中でマンションから戸建てに住み替えるなどは
無駄な費用がかかる可能性が高いので、住み替えを考えてる方は
最初から戸建てを購入すべきかと思います。

いずれにせよ、生涯コストだけを考えれば、
持家で住み続けることがお得なので、
子育て、老後もよくシュミレーションしてエリアや間取り、予算を
考えてみてください。

それと、私の体験談をお話しすると、
10年以上前に持家(戸建て)を購入していますが、
当時、生涯コストなんて考えずに購入しました。

私の場合、予算も無理はせず、エリア重視で購入したので、
家の間取りは100%満足するものでないのも事実です。

後、5年後ぐらいに家の購入を検討する世代であれば、
働き方改革などによって、選択肢が増えてくる可能性もありますし、
せっかくの機会なので、これから家を購入する方や、
後悔しない暮らしを実現するためにも
少し考えるきっかけにでもしていただけると幸いです。

LIFEカテゴリの最新記事