無名サイトでリスティング広告を掲載したらどんな結果になるの?(実体験)

無名サイトでリスティング広告を掲載したらどんな結果になるの?(実体験)

みなさん。こんにちは。

本日は無名サイトが集客のためにリスティング広告を
掲載したら、どのような結果になるのかと、そこから見える改善策を
考察していきたいと思います。

「これから起業する」
「オウンドメディアやブログを立ち上げる」
「WEBサイトで集客したい」

などの計画している方々に少しでも参考にしていただけると幸いです。

無名サイトの概要と構成

今回テストしたのは、競合も多くいるマッチングサイトになります。

トップページが縦長に構成されていて、そこで見せたい情報は
全て網羅されているような、ある意味ランディングページに
近い形のサイトです。

テスト期間と予算

期間:1ヶ月間
予算:500円/日

リスティング広告掲載結果

表示回数:80,000回
クリック数:180回
クリック率:0.22%

広告掲載結果から先に述べますと、
広告予算に応じてサイトは閲覧してもらえます。

これはお金を払ってるから当たり前だろうと
思われるかもしれませんが、その通りです!!

ですので、無名でアクセスが全くないサイトでも
広告掲載さえすれば見られるということです。

では、サイトが見られたとしても、
そこから「問い合わせ」「商品購入」「来店」などに
結びつかないと全く意味がないわけでして、
その結果がどうだったのかを次に説明いたします。

リスティング広告のコンバージョン

マッチングサイトなので、「問い合わせ」or「申し込み」を
コンバージョンとして定義しましたが、結果は0件です。

平均ページ滞在時間:35秒
直帰率:87.5%

リスティング広告掲載結果から見る考察

1ヶ月間という短期間で広告予算も少ない中、
判断を下すのは時期尚早かと思いますが、
この結果から見えてくることは、

「差別化要素がなければ、無名サイトに依頼はこない」
「トップページ構成の中身が薄すぎる」
「信頼性がない」

など、様々なことが考えられます。

まず、リスティング広告を掲載したことは正解だと思いました。

競合が多くいる中で、厳しいことは目に見えてましたが、
体験を持って、結果が見えることは次の手を考えることで
非常に有益な情報です。

まずは、全て実行して試すのがいいと考えます。

そして、次の手をすぐに打って、
また広告掲載にて結果を見て、
次の動きを判断していくという流れを
スピード感をもって実行し続けていけば
自ずと解決策が確立していけると思います。

結局のところ、仮説に時間をかけ過ぎてもあまり意味がないので、
思いついたことを次々と実行していくことで、
改善していくのが成果を出すうえでの近道だということです。

それなりの企業内でこのようなやり方をするには、
上司の理解や会社としての理解も必要になってくるので、
なかなか難しいかもしれませんが、データなどにもとづいて
理論建てして、成果に結びつくのであれば、苦労しません。

ということで、机上だけで頭でっかちにならずに
日皆さんも私も成果に結びつけていけるよう
日々実行していきましょう!

それでは本日は以上になります。

集客カテゴリの最新記事