パワーポイントを扱うように誰でも簡単にホームページは作れます!

パワーポイントを扱うように誰でも簡単にホームページは作れます!

ホームページを作るには高度な専門知識がいると思っていませんか!?

今の時代、企業のコーポレートサイト、ブログサイトぐらいであれば、パワーポイントを扱うぐらいの感覚でホームページが作れてしまいます。

ホームページを作るのはテクノロジーの進化とともに容易になりました。
基本的な仕組みさえ覚えてしまえば管理も簡単です。

ただ、そこから集客してビジネスに繋げることや、多くの人に見てもらうことは、別軸となり非常に難しいので、世の中にある多くのWEBサイトが滅多に見られないということになっています。

話はそれましたが、

「これから起業する」
「ホームページが古いのでリニューアルしたい」
「ブログを独自ドメインで始めたい」

などのお考えをお持ちであれば、是非、参考にしていただければと思います。

◇前提条件
 ・独自ドメイン使う(@右側にlform.netのような好きな文字列を使える。)
 ・独自ドメインのメールアドレスも使えるようにする。

ホームページを作る選択肢

いくつか選択肢がありますが、ここでは情報の多いであろう「レンタルサーバー+Wordpress」「Wix」の2つについて説明します。

Wix

Wixサイトへはこちらから

パワーポイントを操作するようにドラッグ&ドロップで素材を配置して簡単にホームページが作れるサービスです。

レンタルサーバーに該当するホスティングサービスも提供しているので、ホームページとメールアドレスが使えるようになります。

使い方はここで説明するよりも本家のサイトを見るのが、早いので割愛しますが、月額500円~いくつかのプランが選べるようになっています。

ではどこまでのホームページが作れるかといいますと、企業のホームページはもちろんこと、ネットショップ機能やネット予約の機能、会員ログイン機能などホームページを運営する上で必要なことは全て行えるようになっています。

ですので、作る側でやらなければいけないことは、

「ホームページをデザインすること」
「写真やイラストなどの素材を用意すること」
「原稿を用意すること」

になります。

1つだけデメリットがありまして、それは、Wix側で提供しいる機能の範囲でホームページを
作るということです。
後々、カスタマイズすることが難しいということです。

レンタルサーバー+Wordpress

WordPressサイトへはこちらから
おすすめレンタルサーバーはこちらから

Wixよりも少しハードルが高くなりますが、レンタルサーバーを契約して、WordpressというCMSを
インストールすれば、Wixと同じような形でホームページを作れます。 

レンタルサーバーといってもサイト上から、ポチポチしていけば設定できるので簡単です。

WordPressも様々なサイトで設定方法が記載されているので、その情報を見れば、簡単に設定できます。

Wixと比べるとホームページの仕組みなどを少し勉強することが必要ですが、より自由度の高いホームページを作るのであれば、こちらを選択してみてください。

WordPressはプロが作るホームページでも使われてるぐらいなので、汎用性が非常に高く、
ホームページ制作に慣れてきたころや事業が軌道にのってきた時に、さらにカスタマイズが柔軟にできるので事業の規模に合わせてホームページも成長させていけるところがメリットです。

概要だけお話しさせていただきましたが、進化の早いITの世界では、数年も経てば更に便利なサービスや機能が出てきている物と思われます。

結局のところ、時間効率や費用対効果の話にはなってくると思いますが、オフラインのビジネスでもWEB・SNSなどは必要最低限のことになりますので是非ご覧になってみてください。

アプリカテゴリの最新記事