ビジネス用YouTube始めてみてわかった再生数を伸ばす3つのポイント

ビジネス用YouTube始めてみてわかった再生数を伸ばす3つのポイント

ビジネスに繋げるYouTubeということで、本日は再生数を伸ばす3つのポイントについて、
実績をもとにお話ししたいと思います。

※YouTubeに関する過去記事はこちらから

ビジネス用YouTubeチャンネルの始め方(実体験で得た感想)

YouTube開始当初はジャンルによって再生回数が全く違うという話

それでは、3つのポイントです。

1.レビュー動画

今や検索ツールとしても使われているYouTubeということがよくわかりました。

何かの商品に対するレビュー動画は圧倒的に見られます。

人気のある商品だったり購入してみないと使い勝手等がわかりにくいものは特にです。

スマホ、カメラ、車、バイクなど多くの方が購入するけど、少し贅沢で商品サイクルの早いものは購買欲が掻き立てられたり、憧れを抱いたりと暇つぶしに見るにはもってこいです!

2.ニッチ領域の動画

こちらは単純に検索された時に上位表示されやすいということです。
10万人以上の登録者数をお持ちのチャンネルより上位表示されます。
ポイントはニッチ領域といっても、ある業界向けのアプリレビューです。
閲覧見込みの母数が少なくても上位表示されればある程度の視聴者がいて、見られるということです。

3.HowTo系動画

教育系と言った方がいいかもしれませんが、聞き流しできるようなHowTo系動画も再生数が伸びやすい傾向にあります。

いかがでしたでしょうか?
結局のところ、視聴者は暇つぶしか、情報を集めにきてるかの大きく2つに分かれると思いますが、それであれば、情報を集めにきてる層へアプローチした方が人気がないうちは圧倒的に見られるということです。

また、エンタメ系、エロ混じる系、ペット系などあきらかに視聴者層が多い領域もあると思いますので、ビジネスと絡ませられるようであれば、試してみるのも一つの手です。

それと、他の記事でも述べてますが、世の中には情報やモノが溢れている現代において、YouTubeは演者で差別化できる重要な媒体となります。

どんな動画を公開するにせよ、人となりをよく理解してもらえる動画にできると効果が出てくると思います。
ビジネス用といえども、会社や商品・サービスではなくとにかく「人」です。

それでは以上になります。

集客カテゴリの最新記事