禁煙生活のリアル 2ヶ月~2ヶ月半(離脱症状との闘い) ※個人差おおいにあると思うが、依然としてまだまだ辛い

禁煙生活のリアル 2ヶ月~2ヶ月半(離脱症状との闘い) ※個人差おおいにあると思うが、依然としてまだまだ辛い

禁煙開始して2ヶ月半、離脱症状から開放されてだいぶ楽になると考えていませんか?

私に限っては禁煙開始から2週間めぐらいと何ら吸いたい気持ちは変わっていないんです。

ニコチン依存恐るべし!!

もちろん四六時中吸いたいという気持ちにはなりませんが、心のどこかで吸いたいって気持ちがあるのと、未だに吸いたい気持ちが出た時に軽い頭痛がします。

あらためて、禁煙は辛い!!

実は過去に2年近く禁煙していたことがありますが、当時は紙巻タバコからの禁煙だったので、臭いからも開放されて、満足していたからあまり期間が気にならなかったような気がします。

でも結局、お酒の席で1本手にしたことが、徐々にスモーカーへと戻らされ、普通の喫煙者に戻るというよく聞く話のような感じに喫煙再開してしまいました。

今はさらに、電子タバコが全盛の時代において、害となるのは世の中の喫煙者に対する扱いと、無駄な小銭を消費する事ぐらいなので、臭いからの開放よりも、個人的には弱く感じてしまうので、油断すると危ういです。

今禁煙を続けられているのは、単純に惰性で継続できているだけかもしれません。

まぁタバコを吸わない生活は楽なのと、呼吸が明らかに深くできるようになっているので、禁煙によるメリットを頭に叩き込んで、ふとした1本を吸わないようにしていこうと思います。

それでは、次回は3ヶ月経過した段階での状況を発信します。

LIFEカテゴリの最新記事