注文住宅と建売住宅の価格差は住み続けた場合、将来的にどの程度縮まるのか!?

注文住宅と建売住宅の価格差は住み続けた場合、将来的にどの程度縮まるのか!?

注文住宅と建売住宅で済み続ける場合の総額コストを考えたときにどの程度の価格差になると思いますか?
購入時にはあきらかに注文住宅が高くなりますが、メンテナンスコストや住宅ローンの利息など、
いくつかの比較項目をもとに紐解いてみましょう。
ちなみに、総額コストは一般的な住宅ローンの支払いが終わる35年間を目安としています。

初期コスト(家の購入費用)

最初に圧倒的な差が出るのが初期費用です。
住むエリアによって、土地の価格があきらかに違うので首都圏というくくりでお話ししますと、
例えば、横浜で木造2階建て、延床30坪、3LDKぐらいの注文住宅を建てようとする場合、
土地の費用が3500万円、建物が2500万円、総額6000万円ぐらいが初期費用の目安となってきます。

では、同じエリアで建売住宅を購入する場合と比較してみるとどうでしょうか?
建売住宅の場合、概ね4500万円ぐらいが相場です。

ですので、初期コストだけでみると、建売住宅は1,500万円も安くなります。

また、頭金なしで35年間の住宅ローンを組むとして、金利0.5%ぐらいで試算してみると140万円ぐらいの
利息差となるので、合計すると1640万円の初期コストの差となります。

メンテナンスはどこに必要か?

メンテナンスコストの価格差を紐解く前に、メンテナンスが必要なのは主に建物外部の
「外壁」
「屋根」
「バルコニーの防水」
「シロアリ対策」
となります。

そして、一般的に注文住宅と建売住宅の外部仕様の差は大きくあり、
メンテナンスコストが極力かからない仕様にしているのが、注文住宅です。

メンテナンスコスト

結論を先に述べますと、35年間で見たときに、注文住宅は約500万円ほどメンテナンスコストが安くなります。
建売住宅の場合、10~15年に1度は外壁・屋根の塗装とシーリング打ち替えが必要となり、
30年経過した段階で、外壁の貼り替えや屋根の葺き替えをするのが望ましいです。

注文住宅の場合は、20~30年に1度は外壁・屋根の塗装とシーリング打ち替えが必要となり、
50~60年経過した段階で、外壁の貼り替えや屋根の葺き替えをするのが望ましいです。

価格差のまとめ

35年間の総額コストで建売住宅は1,140万円安く住み続けることができることになります。
これは、現在の住宅ローンの低金利をもとにしていたり前提条件が大きく関わってきますが、
概ねこのようなイメージとなるでしょう。

今回は35年間で総額コストを比較してきましたが、60年近く済むことも多分に想定できますので、
その場合は、総額コストとしてはほとんど変わらなくなってくる可能性もありますが、
60年も先のことを想像して、家を買う方なんて少ないので、35年が現実的でしょう。

皆さんにはどのように価格差をどのように感じ取られたでしょうか?

これ以上踏み込んだ話は個人の価値観によって大きく変わりますので、
割愛させて頂きますが、少しでも参考にして頂けると幸いです。

LIFEカテゴリの最新記事