FXリアルトレード 「一攫千金はゴールドかシルバー」が最短ルート!?

  • 2021.02.17
  • FX
FXリアルトレード 「一攫千金はゴールドかシルバー」が最短ルート!?

少額から短期間で一攫千金を狙うには、どんな方法が良いと思いますか?

※少額とは10万円ぐらいを想定し、一攫千金とは1億円ぐらいまでの金額を想定しています。

少額から短期間という条件のもとでは常に大きなリスクが伴うのと、レバレッジを大きく利かせられる投資商品が必要になります。

少額という条件が選択肢を狭めることになりますが、FXやCFD関連が一攫千金を狙える投資商品となるでしょう。

それでは、なぜFX・CFD関連が一攫千金を狙いやすいのか仕組みを深堀してみましょう。

ここでは、国内・海外FX口座によって、メリット・デメリットがいくつかありますが、あくまでも一攫千金を狙うために必要な最大レバレッジとボラティリティ(変動幅)に絞って説明いたします。

レバレッジ

少額で一攫千金を狙うにはこのレバレッジ条件が重要になってきます。

そして、レバレッジは国内・海外のFX会社に依存するので、それぞれのレバレッジを見てみましょう。

国内FX会社

個人口座はレバレッジ25倍、法人口座で100倍までです。

個人口座でレバレッジ25倍として1万通貨売買するのに必要な証拠金(口座に必要なお金)は約40,000円です。

ちなみに、1万通貨を売買して1銭上下どちらかに動くと100円がプラスかマイナスに動きますが、

1円動いても、10,000円プラスかマイナスになるだけです。

海外FX会社

海外FX会社の場合、会社により最大レバレッジが異なりますが、筆者が利用している「XM Trading」はレバレッジ888倍です。

おススメの海外FX口座

XMTrading 公式サイトはこちら

日本で人気の総合力のある大手優良業者

GEMFOREX 公式サイトはこちら

ゴールド取引にオススメ、入金ボーナスも充実

レバレッジ888倍として1万通貨売買するのに必要な証拠金(口座に必要なお金)は約千円です。

ですので、海外FX会社の場合、国内FX会社と同じ証拠金額の40,000円を投資資金として用意することができれば、40万通貨の売買をすることができます。

ちなみに、40万通貨を売買して1銭上下どちらかに動くと4,000円がプラスかマイナスに動き、

10銭動けば40,000円、なんと1円動くと400,000円プラスかマイナスになります。

ドル円の場合、1日の値動きが1円ぐらいありますので、理屈からすると1日で400,000円を儲けることが可能です。

いかがでしょうか?

これだけ見ても海外FX会社のレバレッジは一攫千金を狙う要素が多分に含まれてると言えるでしょう。

ここまではFXの話をしてきましたが、さらにレバレッジを利かせて投資商品がゴールド・シルバーです。

※こちらもXM Tradingの口座から取引できます。

ゴールド・シルバー

その名の通りゴールドとシルバーの価格に連動した取引となります。

FXでいうところの10万通貨並みの取引がなんと、証拠金が約2,000円でできてしまいます。

単純計算1/5の証拠金額です。

そして、ゴールド・シルバーのボラティリティ(変動幅)も動くときにはものすごいことになります。

他のFX通貨と比較してみるとよくわかります。

※通貨ごとに単位が異なるので、一般的には1銭=1pipsという言い方をしますので、pipsという単位で比較します。 ちなみに1円=100pipsとします。

一概に言いずらい部分はありますが、ボラティリティ(変動幅)が大きかった時の比較です。

ドル円の1日の値幅 150pips

ポンド円の1日の値幅 300pips

ゴールド・シルバーの1日の値幅 600pips

ゴールド・シルバーの1日のボラティリティ(変動幅)がものすごいことがわかりますし、自分が想定していた方向と逆行すると一瞬でロスカットしますので、それだけ負けるリスクが大きくあることがわかります。

これまでの説明を見て、あなたはどう考えますか?

結局のところ、目標利益と、その利益をどのぐらいの期間で実現したいかによって様々な選択肢が生まれてくると思います。

市場参加者の9割は負けて撤退すると言われてますが、本質を理解して取り組めば、負けて撤退するかもしれませんが、それをわかってやるのとやらないとでは大きな違いです。

よくご自身の計画を考えてみて、少額からワンちゃん一攫千金を狙いたい方は検討してみてくださいね。

FXカテゴリの最新記事