海外FX口座を開設するのが不安という方に、海外FX利用歴10年以上の筆者がリスクヘッジをアドバイスします。

海外FX口座を開設するのが不安という方に、海外FX利用歴10年以上の筆者がリスクヘッジをアドバイスします。

みなさんこんにちは。

本日は、海外FX口座を開設するのに不安を感じる方へのアドバイスということでお話ししていきます。

早速ですが、みなさんの大切なお金なので、日本の法律の届かない海外FX口座にお金を預けることで100%安全ということはありません。

ただ、その上で海外FX口座を使うのは、レバレッジが500倍や800倍など少額の資金で取引を始められるからという理由が大半かと思います。

税制面の仕組みから言っても、大金使って取引するなら海外FX口座を選ぶ方なんて数少ないと思いますので、それを踏まえてポイントを挙げていきます。

利益が出たら細目に出金

これは簡単なことだと思いますが、口座に多くの資金を残しておかないということです。

利益が出たら細目に出金して、万一の倒産などのリスクに備えておけば、後悔することはないでしょう。

また、これぐらいの危機感をもって常に取引していないと、そもそもトレードで利益をあげることは難しいと思いますので、めんどくさがらずに出金しましょう。

ネットから、何回かクリックすれば手続きは終わるので簡単なことですよね。

出金拒否ってあるの?

海外FXは出金拒否があるって話はたまにネット上に書いてありますね。

事実関係は正直わかりませんが、筆者がそのような応対を受けたことはありません。

それであれば、実際に数千円から数万円の少額で始めてみて出金を試してみればいいと思います。

筆者の周りでも海外FX口座を使っている友人がいますが、出金拒否されたということを聞いたことがありません。

ネットの記事はアクセス数を稼ぐために、過激な切り口のものを多いので少し勘ぐってしまいますが、事実関係がわからない以上、言及するのはやめておきます。

また、海外FX会社の裏側を知れば、そのような応対は商売をうまくいかせようと思うのであれば、情報化社会のなか、悪評が立つようなことはやらないです。

海外FX会社は日本人向けに様々なプロモーションを打って口座開設者の獲得をしていますよね。

それは、日本人でFXをやる人が多くいるのと、当たり前のことながら口座開設者が増えないと儲からないからです。

日本のFX会社と比べると、海外FX会社のスプレッドは広めですよね!?

そこが、海外FX会社の利益になるので、多くの人に多くのトレードをしてもらって、売上があがるわけです。

ですので、繰り返しになりますが、わざわざ悪評の立つリスクは海外FX会社側も極力避けるはずです。

少額の出金を拒否して、多くのユーザーを失ってしまっては元も子ありませんね。

倒産リスクはあるの?

出金拒否よりリスクがあると思うのは倒産です。

外国の金融庁にライセンスを受けてるし、お客様資金を分別管理してるといえども、倒産した場合に資金がちゃんと返金されるという保証はないと思います。

また、倒産リスクについて、ネットで筆者のような記事をあげてる者には、経営状態がどうなってるのかなどは中々わからないでしょうし、日本のFX会社ですら経営状態を頻繁にチェックしている方も多くはありませんよね。

ですので、リスクヘッジ策は正直ありません。

強いて言うなら、利用者の多い有名なFX会社を使うってことぐらいなのと、細目に出金していれば失う資金のリスクは減らせると思うので、コツコツとやることです。

リスクヘッジのアドバイスになっていなかったかもしれませんが、海外FX口座でFXへのチャレンジを始めてみたいという方に少しでも役に立てればと思い、お話しさせていただきました。

それと、話は変わりますが、レバレッジ以外にも海外FX口座のメリットを1点挙げておきたいと思います。

入金額以上の損失について

これは、海外FX口座だけのメリットではないかもしれませんが、多くの海外FX口座が取り入れてまして、万一入金額以上に損失が膨らんだ時に、入金額以上に損失を被ることはありません。

基本的にはゼロカットといって、マイナスになる直前に自動的に決済されることにはなりますが、取引が成立しなくて、マイナスになってしまった場合でもマイナスが自動的に解消されます。

いかがでしたでしょうか?

FX会社によって、メリット・デメリットはありますので、もし質問などありましたら、遠慮なくコメントいただければと思います。

私の実体験でのお話しをさせていただきます。

それでは、本日は以上となります。

FXカテゴリの最新記事