実践してみて分かったブログ立ちあげからアクセスを早く集める2つのポイント

実践してみて分かったブログ立ちあげからアクセスを早く集める2つのポイント

みなさんこんにちは。

本日は実践してみて分かった一般人がブログを立ち上げてアクセスを早く集める2つのポイントということで要約してお話ししていきます。

どんな記事を書くのか!?

まずは、アクセスを早く集めるためにどんな記事を書くのかということですが、これはご自身の行動を思い返してみれば分かると思いますが、ネットで何かを調べる時は目的意識が明確にあって、キーワードで検索して調べていると思います。

ですので、明確に回答できる記事や解決策を示せる記事を書く必要があります。

(※医療など人体に関わる領域は権威性が必要になるので、一般個人が記事を書いても検索順位が上がらないのでやめた方が無難です。)

そうなると自然と記事の書きやすいネタが決まってきませんか?

書きやすく見られるネタ

書きやすく見られるネタは、シンプルに商品レビューや教育系です。

そうなんです。

商品レビューは、販売サイトに記載のレビューより第三者のレビューが参考になったりしますよね。

例えば、私が書いている「morpholio trace」というiPadアプリですが、建築向けの手書きパースのようなアプリで、業界に特化しているのでそれほど世間一般的に需要は多くないと思いますが、検索順位の1ページ目に表示されるので、それだけでも月に1,000PVぐらいのアクセスをしてくれます。

ですので、商品レビューは多少のニーズ差はあれば、日用品とか誰もが知ってるものでなければ、なんでもありです。

いろんな人のレビューを見て比較したいと思うのが、ユーザー心理です。

しかも、商品レビューは実際使った感想を書けばいいだけなので、非常に簡単だと思いませんか?

そこに、自分なりのアレンジを加えたり、多言語話せる方は、英語、中国語、スペイン語などより母数の大きい領域に向けて発信できたりもします。

教育系は様々な領域があるので、ご自身がよく知っている領域で学校の先生のように解説すればいいです。

これも、学んでいる人が多いジャンルで、教えつづける余白があるものは優位ですね。

また、プロフェッショナルや権威性を問われる領域も少なからずありますが、そのジャンルで初級・中級レベルでもまったく気にすることはないです。

もっと、初心者の方がいたりするわけですから、その方達のために有益な情報を提供すればいいだけです。

エキスパートの人達は、そもそも調べる必要がないので!!

まとめ

とにかく家にある物からでいいので、商品レビューを始めてみましょう。

そして何よりも継続発信が必要になってきます。

また、商品レビューや教育系はYouTubeの世界でも一般人から有名人になってたり、ファンが付きやすい領域でもありますし、ブログではアフィリエイトとの連動性が非常に高く、それこをエンタメ領域のように数十万や数百万人といったファンがいなくても、ビジネスと繋げられる可能性も大いに秘めています。

有名にならなくとも、アフィリエイトで小遣い稼ぎをしやすかったりもします。

ちなみに高額するぎる商品、例えば、不動産とか車とかはアフィリエイトで小遣い稼ぎには不向きなので、アマゾンや楽天などで販売していてユーザーが手を出しやすいものにするとさらに効果的にアクセスを増やせる可能性があるかもしれません。

ただし、googleの検索アルゴリズムは開発者にしかわからないことなので、最終的にはどうなるかは正直わかりません。

それでも、ユーザーのためになる記事を書き続ければ、きっと改善点が見えてくる筈です。

それは、それだけ真剣に取り組んでいることの裏付けとなるからだと思います。

そして、ブログやオウンドメディアは資産です。

貯金しているようなものなので、すぐに結果がでなくてもやり続けてビジネスチャンスが生まれれば御の字ですし、就職や自己PRをする際に役立つかもしれません。

そう思って、あきらめずに記事を作っていきましょう。

それでは、本日は以上になります。

集客カテゴリの最新記事