メタトレーダー5(MetaTrader5)の活用 無料のインディケータの追加方法

メタトレーダー5(MetaTrader5)の活用 無料のインディケータの追加方法

本日は、メタトレーダー初心者の方々に向けてインディケータの追加方法をご説明します。

その前にメタトレーダーについて簡単に説明しておこうと思いますが、国内FX会社の口座で取引する場合は、各FX会社が提供するトレードのプラットフォームを使うことが多いかと思いますが、海外ではFX会社が独自のツールを提供するのではなく、メタトレーダーを各会社ごとにカスタマイズして提供するのが主流で、日本のみならず、海外では広く使われているトレードのプラットフォームです。

そして、プラットフォームというだけあって、様々な機能が提供されています。

中でも特徴的なのが、「エキスパート」「インディケータ」「シグナル」などのトレードツールを独自に開発することができ、さらには開発したトレードツールをフリーで提供したり、有料で販売したりできるマーケットが整備されています。

ですので、アプリケーションを開発するための言語MQL5を覚えれば、自分自身でもトレードツールを開発することが可能です。

海外を主軸に発展してきたプラットフォームなので、英語表記が主体ですが、MQL5自体は日本語対応しているので、一昔前と比べてもわかり易くなりました。

ただ、開発されたトレードツールの説明等は英語表記なので、わからなければgoogle翻訳さんに頼りましょう!

公式サイト(マーケット日本語対応) MQL5 

公式サイト(メタトレーダー開発元) MetaQuotes

それでは、フリーのインディケータの追加方法を説明していきます。

MQL5にアカウントを登録

まずは会員登録を行いましょう。

登録方法は非常に簡単で、2パターンあるのでどちらでも好きな方法で登録できます。

・MQL5のポータルサイトより会員登録 公式サイト:MQL5

・メタトレーダー5内より会員登録

必要なインディケータを検索

会員登録が終わったら、同じくMQL5のポータルサイトか、メタトレーダー5内からの必要なインディケータを検索します。

MQL5のポータルサイトで検索した方が見やすいのでおススメです。

画面上部の「マーケット」を選択し、左側にメニューが出てくるのでその中のインディケータをクリックします。

今回は無料のインディケータを追加するので、検索条件のタブを無料を選択して検索しました。

検索したのは、移動平均線にローソク足がタッチした場合にアラートを鳴らしてくれるインディケータで、「CANDLE CROSS MA」というものです。

インディケータのインストール方法

インストール方法も非常に簡単です。

基本的にはダウンロードすれば自動的にインストールしてくれます。

そのためには、メタトレーダー5を起動して、メタトレーダー5上でもMQL5にログインしておく必要があります。

MQL5へのログインはメタトレーダー5上で会員登録した場所と同じところでログインするだけです。

準備ができたら、画面左に表示されている「ダウンロード」ボタンを押します。

インストール後は実際のチャートに今回ダウンロードした「Candle Cross MA」を適用します。

一般的なインディケータと同様に、「挿入」メニューから「インディケータ」、「カスタム」と進み、その選択項目の一番下に今回追加したインディケータが表示されているので選択しましょう。

これで設定は完了です。

うまくツールを活用しながら自分自身に合うトレードスタイルを構築していってください。

それでは以上になります。

おススメの海外FX口座

XMTrading 公式サイトはこちら

日本で人気の総合力のある大手優良業者

GEMFOREX 公式サイトはこちら

ゴールド取引にオススメ、入金ボーナスも充実

FXカテゴリの最新記事