ポイントはどこ? 不動産仲介会社の選び方

ポイントはどこ? 不動産仲介会社の選び方

みなさんこんにちは。

本日は「不動産仲介会社の選び方」ということで、
本質についてお話ししていきたいと思います。

家を買いたいと思ったら、多くの人達が、
近所の不動産仲介会社に相談しにいくと思いますが、
理想の住まいを手にいれるという点で、不動産仲介会社に
どのような違いがあるのでしょうか?

大手企業の方が安心で物件情報も多くありそうとか、
昔から地元にある不動産仲介会社の場合は、多くの情報を
持ってそうとか、そのように思えたりするのが普通ですよね。

では、この裏側を紐解くことで、自然と不動産仲介会社の選び方が
わかってきますね。

それでは、違いを見ていきましょう。

不動産仲介の仕組み

まずは、不動産仲介の仕組みを簡潔に知っておきましょう。
不動産の仲介会社とは、単純明快で売主と買主の間を
取り持つ会社ということです。

よく誤解される方がいるのですが、
街の不動産仲介会社が、売主として不動産を
販売しているわけではないことを知っておきましょう。

また、基本的にはどの不動産仲介会社でも、
売主が販売している物件を仲介することはできますが、
売主と不動産仲介会社の間で、専任契約を締結している場合は、
他の不動産仲介会社が取り扱うことができなくなってます。
(※厳密には契約形態によって、細かな規定があります。
詳細を知りたい方は、検索してみてください。
参考サイト:SUUMO

取り扱う物件量

仲介の仕組みでも述べた通り、
売主との関係性によって取り扱う物件量に違いがでてきます。

ですので、不動産仲介会社の規模により
取り扱う物件量に違いがでるということではないということです。

仲介手数料の違い

仲介手数料というのは宅建業法によって上限が定められています。
物件価格が400万円を超える場合は、

物件価格(税抜)×3%+6万円×消費税です。

この手数料が不動産仲介会社ごとに
パーセンテージに違いがあったりします。

少しでも手数料が安いほうがいいですもんね。

購入サポート

これは間違いなく大手不動産仲介が充実しています。
ただ、サポートを使うことってほぼないと思います。

私も一度も使ったことがありませんし、
例えば、不動産を購入した後は、メンテナンスとかのやりとりは
売主が対応してくれることになるので、
あくまでも不動産仲介会社は仲介の役割ということがメインです。
もちろん、取引時のトラブルなどは、仲介にも責任があるので、
対応してくれます。

不動産仲介会社の色

一般的な不動産仲介会社はさほど変わりませんが、
中には、スタイルを売りにしていたり、
建築を売りにしていたりと単純に物件を仲介するだけでない、
特徴ある不動産仲介会社がいます。

スタイル重視でいくのであれば、このような不動産仲介会社を
探すのも一つの手です。

担当者の力

ここまではよく聞いたことのある基本的な仕組みだったかもしれませんが、
最終的には担当者に依存するところが一番大きいんです。

どの業界も近しい関係性があると思いますが、
一つの業界って非常に狭い関係性になっていて、
不動産も同じことがいえます。
横の繋がりが多分にある中で、商売が成り立っているのです。

そこには個人(担当者)の力が大きく働いてます。

そして、会社の承認フローとして、会社の承認を得る場合は、
担当者が起案人として上長の承認を得る仕組みですよね。

全て担当者が担っているのです。

結論

不動産会社の色にもよりますが、
企業規模などは関係なく、担当者が重要ということになります。
そして、担当者の年齢や性別は関係ありません。

ご自身の要望を的確に理解し、
スピード感をもって、売主や社内と調整してできる能力が
あるか、ないかです。

これを見極めるのは、実際に話にいってみないと
わからないので、気軽に相談してみるといいと思います。

そうすれば、担当の人間性も見えてきて任すことができるか
別に探したほうがいいのかが自ずと見えて来るでしょう。

それでは、以上になります。

LIFEカテゴリの最新記事