FXをこれから始める方へ 通貨の動きの原理原則をまずは知ろうという話

  • 2021.04.15
  • FX
FXをこれから始める方へ 通貨の動きの原理原則をまずは知ろうという話

本日は、FXをこれから始めようと思う方へ

FXの原理原則をお話しをしていこうと思います。

FXといえば少ない資金で始めて、一攫千金を狙えるけど、

リスクも高い金融商品としての認識が一般的かと思います。

そして、9割近くの方が退場してしまうと。

それもそのはずです。

レバレッジを利かせられる取引のため、

一攫千金を狙うには少額資金でハイレバ取引を行うからです。

全ては理屈を知った上でリスクを取っているなら

問題ないのですが、理屈を完全に理解しないで取引してしまうから、

ロスカットを喰らい、「儲からないからやーめた」と

市場から早々に退場してしまうことが多くなるのです。

かくいう私自身も無茶な取引をしたりしますが、

原理原則を理解した上での無茶なトレードです。(笑)

でも、そうなる前にFXの原理原則を理解して、

負けにくくなる戦いをしていきましょう!

FXで大切な考え方

まず始めにお伝えしたいことです。

FXは上がるか下がるかを当てるゲームのようなものなので、

手法も重要ですが、100%正解をあてることは絶対にありえません。

ということは、資金管理と利確タイミングの見極めが大切なんです。

これを理解した上で、一攫千金を狙いたければやればいいでしょうし、

コツコツ増やしていきたいのであればコツコツ増やせばいいと思います。

では、資金管理や利確タイミングを紐解く上で、

大事な要素を見ていきます。

まずは、通貨の動きです。

通貨の値動き

FXを始めるには基本的な理屈を知ることが重要です。

そして、歴史は繰り返すこと言うことで

過去の値動きと似たような形になるこもありますし、

市場参加者が意識するラインというものがある程度、

決まっているからこそ、人の心理が同じように働くことで、

一定の法則性があります。

通貨には回帰性がある

通貨には回帰性があります。

それは週単位、月単位、年単位となることもありますが、

主要通貨であれば、いつかは戻ってくるということです。

ということは、株などとは異なり、長期間の保有やスイングトレードには

あまり向いてないということです。

通貨の金利差によって、保有し続けるとスワップポイントという

金利がもらえましたが、現状はどの国もコロナ禍によって、

マイナス金利となっているので、長期保有は意味がなくなっています。

上昇はじわじわと上がる

こちらも法則性ある程度あります。

上昇時はじわじわ上げて、強い上昇は押し目をつけず

少しずつ上がっていくのが特徴です。

急激に上げた時はそれだけ反発があるということです。

下降は一気に下げる

上昇に対して下げる時は力強く一気に下げる傾向が強くなります。

過去のチャートを見てみるとよくわかると思います。

直近安値、高値を目指しやすい

どちらかに値が進んだ時に、節目となる直近安値・高値まで値が進みやすいです。

サポート(下値でとどまるライン)・レジスタンス(上値を抑えるライン)と言われたりします。

安値、高値は反発後

安値、高値をつけに行った後、反発されるとします。

その場合、もう一度、安値、高値を目指して動くことが多いです。

ちなみに2回チャレンジして突破できない場合は、

ダブルトップやダブルボトムといわれるチャート形状になり、

値が戻り易くなることもよくあります。

節目での反発、もみ合い

チャートの時間軸ごとに意識される節目があります。

そこに差し掛かると、もみ合いになったり、

反発されたりしますし、逆に突破できれば一気に値が伸びたりします。

トレンドが変わるのは簡単ではない

一度トレンドが生まれると、数カ月間は継続することが多く、

簡単にはトレンド転換しないです。

ただし、途中で調整局面という逆行する場面も出てきます。

まとめ

通貨の動きの特性を知るだけで、逆行された時の損切りタイミングや、

伸びた時の利確のタイミングが見えやすくなりませんか?

ただ、指標発表による動きや政治的な動きでは、

普段とは違う動きになるので注意しましょう!

以上を踏まえた上で、

取引の数量や損切り・利確ラインの設定できれば、

負けにくくもなりますね。

要は、どっちに行くかなんてわからないけど、

通貨は上がったり・下がったりするから、

中途半端な場所でロスカットを喰らわず、

あきらめがつく位置でロスカットし、

資金を一気に飛ばさないロット数でエントリーすると

いいのではということになります。

言葉にするのは簡単ですが、

基本的な理屈を理解していれば

負けをすくなくできるようになりますね!

それでは、本日は以上になります。

FXカテゴリの最新記事