YouTube動画制作を始める方向け 経済的で簡単な動画編集ソフト(アプリ)を比較して見つけよう!

YouTube動画制作を始める方向け 経済的で簡単な動画編集ソフト(アプリ)を比較して見つけよう!

動画制作を始めようとした時に

迷うのが動画編集ソフトの選択ですね。

映像制作の仕事として動画編集を行うのであれば

業界スタンダードというものがあると思いますが、

個人でYouTubeなどの動画制作を行う場合は、

状況に応じていくつかの選択肢が考えられます。

では、どのように動画編集ソフトを選べばいいのかをお話ししていきます。

前提

編集ソフトということだけでなく、

何をやるにも効率性・経済性・持続性を求めたい考えがあります。

ですので、そのような観点から編集ソフト選びを行います。

また、いわゆる映像制作のようなキレイでカッコいい動画ではなく、

YouTubeのような動画制作をが前提となりますのでご了承ください。

操作の難易度が簡単な順にご紹介します。

LumaFusion

iPadAir、iPadProを持ってるのであればLumaFusionがおススメです。

4K動画の編集もサクサク動きます。

そして、動画の書き出しも早いです。

YouTubeでレビュー動画やフリートークの動画や

ペット動画など撮影した動画をカットしながら

組み合わせるだけであれば、全く問題なく使えます。

LumaFusion公式サイトはこちら

良い点

・操作が直感的ですぐ覚えられる

・動画が早い

・アプリが安価(5,000円以内)

・無料の音楽など動画編集に必要な付加機能がある

向かない使い方

・テロップをたくさん入れるような動画編集

 キーボード・マウスの組み合わせの方が作業効率がいいです。

・エフェクトやアニメーションを多用するような動画編集

 そもそも、機能がないといっていいくらい限られてるので、

 エフェクトやアニメーションを入れたいのであれば

 PC用の動画編集ソフトを使う形となります。

・音声や音質の調整

 機能としてはありますが、細かな調整は苦手です。

 そもそも音声は大事なので、編集でどうにかするよりも

 外部マイクだけは高性能なものを揃えた方が間違いないです。

Fimora

iPadAir、iPadProは持ってないけど、パソコンは持ってるということであれば、

Fimoraか、その後紹介するDavinci resolveがおススメです。

機能としてはLumaFusionとDavinci resolveの中間に位置します。

Fimora公式サイトはこちら

良い点

・操作が直感的ですぐ覚えられる

・Windows/MAC、両方のOSに対応している

・アプリが安価(1万円以内)

・無料の音楽など動画編集に必要な付加機能がある

・LumaFusionよりもエフェクト類が豊富

向かない使い方

・最初から費用を掛けたくない方

・YouTubeといえどカラーやエフェクトなどに拘りたい方

Davinci resolve

Blackmagicdesignという会社が作っている動画編集ソフトです。

ハリウッド映画などプロの世界で使われている高機能な

動画編集ソフトなのに無料で使うことができます。

一部機能制限がありますが、YouTube動画を編集するのには

充分な機能があります。

Davinci resolve公式サイトはこちら

良い点

・やっぱり無料なのが一番!

・Windows/MAC、両方のOSに対応している

・高機能なので、基本なんでもできる

向かない使い方

・操作方法を覚えるのに時間がかかる

 高機能だけあって、操作方法を覚えるのに時間がかかります。

 サクッと動画を作りたい方には不向きです。

・必要な動作環境のパソコンを持ってない方

 高機能ということは、パソコンスペックを求められます。

 高スペックパソコンを持っている方は少ないと思いますので、

 それならiPadAireを購入して、LumaFusionで動画編集した方が

 使い道はいろいろありそうです。

 もしくは、MacbookAir(M1)を購入すれば、

 Davinci resolveが快適に動くと言われてるので、

 経済的にはいいかと思います。

Premiere pro

動画編集ソフトとして一番有名で

プロの世界でも多く使われているソフトです。

みんなが使ってるしなんか高機能の方がよく見えるかもしれませんが、

ほとんど機能なんて使わないですし、

個人で動画制作するには、費用も毎月かかるし

経済的ではないので、初心者にはおススメしません。

Final cut pro

MACのみで使えるAppleが作ってる動画編集ソフトです。

買い切り4万円に満たない価格なので、

MACユーザーには選択肢となってきます。

機能的にも、個人制作でやりたいことは全てできるので、

Apple純正なので、MACで快適に動くように設計されるので、

効率性と安定性を求める方にはおススメです。

動画編集カテゴリの最新記事