Windows歴20年以上 MACを使い始めて1週間のレビュー

Windows歴20年以上 MACを使い始めて1週間のレビュー

MACのかっこよさには憧れがあったものの、Windows機と比較するとどうしてもコスパが悪く敬遠していたところがありましたが、M1の登場とともに、コスパもひけをとらなくなったように思いますし、仕事でたまたま使うことになったので、Windows歴20年以上の筆者が比較レビューしてみようと思います。

まず、使い始めてみて当然ながら全てにおいて違和感がありましたね。

仕事の関係上、Windowsだけではなく、ある意味特殊なLinuxなどにも触れてきましたので、色々なOSを使うことに慣れているほうだとは思いますが、それでもです。

ちなみに、スマホもタブレットもiPhone、iPadを使っているので、ある程度、Apple製品の特徴はわかってはいるものの、やはり、パソコンとなると別物ですね。

まぁ慣れの問題かとは思いますが、現状の一番の戸惑いからお話ししていきます。

一番の戸惑い

ファイル管理がわかりづらい!

これはWindowsに慣れてしまっている一番の典型例だと思うのですが、エクスプローラーからCドライブを見てなど、ファイル管理が自分の中では体系的できているものが、MACは戸惑いました。

Finderから同じように作業できるわけですが、なぜか使いづらく感じてしまう違和感があります。

軽い戸惑い

電源ボタン

電源ボタンがどこにあるのかわからなかった。

キーボード右上のTouchIDが電源ボタンも併用しているのね。。

MACの良いところ

トラックパッド

MACユーザーの方なら今更と思われるかもしれませんが、マウスがない場合のトラックパッドの使い勝手は便利ですね。

Windows機でも不便ということはないですが、MACの方が効率的に感じます。

Windowsの良いところ

アプリの豊富さ

やっぱり、Windows対応のアプリはたくさんあるので、まず困ることはないです。

スマートフォンだとiPhoneに対応しているけど、Androidは未対応とかがありますが、パソコンはその逆でWindowsに対応しているけど、MAC未対応はよくありますもんね。

あと、古いネイティブアプリがWindowsの場合、OSが最新版でも動作するけど、MACの場合、OSが最新版だと動作しないみたいなこともありました。

今のところの結論

WindowsでもMACでも、使い勝手は一長一短です。

結局のところ、OSではなくて、OS上でどんなアプリを使って、どんな作業をするかによります。

それに見合ったOSを選択することが重要になると思いました。

MACは使ってる自分自身が気持ちよくなれるのでいいなぁとは感じるんですけどね(笑)

単純に、ネットサーフィンや写真・動画の保存などのライトユーズであれば、MACの方がより直感的に使えるように考えられてるので使い勝手が良いように思えます。

ただ、ネットサーフィンだけにMAC使うぐらいであれば、iPadが快適なのでパソコンを買う必要はないですね。

ということで、MAC使用開始1週間のレビューをしてみましたが、今のところで個人的にパソコンを買うとなった場合、Windows機を買いますね。

それは、動画編集・WEBサイト構築・ストレージ容量が多く必要という環境が必要だからなのと、一番はCADを使うので、MAC対応CADは選択肢が限られてくるということでしょうか。

もう少し使っていると気持ちがかわるかもしれませんが、とりあえず今の環境でレビューしてみました!

それでは以上になります。

LIFEカテゴリの最新記事