LumaFusion(ルマフュージョン)クロマキー合成

LumaFusion(ルマフュージョン)クロマキー合成

みなさんこんにちは!

iPadで動画編集していますか!?

日々バージョンアップしていくLumaFusionに更なる期待を寄せながら、

私自身も更に使いこなし、時間効率も上げられるよう試行錯誤しております。

という前置きは以上で、本日はLumaFusionでクロマキー合成する方法を解説いたします。

クロマキー合成とは?

特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術です。

※一部引用 Wikipedia

簡単にいうとよくある合成画像が動画でも作れますよってことです。

合成したい部分を下記のように特定の色にします。

こんな感じに別の映像を合成することができます。

滝の中で食事している意味のわからない動画ですが。。。(笑)

LumaFusion設定方法

それではLumaFusionでクロマキー合成の設定方法を解説します。

至って簡単ですが、2段階で動画を作ることになるので少し手間です。

背景となる動画 or 静止画を作る

これは上記で記載している動画 or 静止画のようなものを作ります。

上記では四角形をくり抜いていますが、どんな形でもOKです。

また、この背景はLumaFusionで作ることも出来ますし、

Photoshopなどの写真編集アプリでもなんでもOKです。

要はくりぬきたい部分でカラーつけられればいいです。

ちなみに、緑色にしているのは、業界スタンダードというか、みんながそうしているからです。(笑)

背景動画
1.背景にしたい動画

オーバーレイタイトル
2.「オーバーレイタイトル」を選択します。

図形追加
3.図形を追加します。

図形変形
4.くりぬきたい形に図形を変形させ、カラーを緑色にします。

背景動画
5.背景動画を保存します。

これで背景動画の作成は完了です。

クロマキー合成の設定

次に実際に合成していく設定をしましょう!

クリップ
6.くりぬきに合成させたい動画をクリップに割り当てます。

クリップ
7.背景画像を1段上のクリップに割り当てます。(※クリップの上から順番に表示されるので、順番を間違えないようにしてましょう。)

8.画面中央下の「FX」ボタンを押すと、右のメニューが表示されます。 右上メニューの「キーヤー」ボタンを押します。 そうすると「SCREEN KEY」を選択できるので、今回は緑色背景箇所を合成させるので、「GREEN SCREEN KEY」を選択します。 選択すると、このように緑色に塗り潰された箇所に合成させたい動画が表示されるようになります。 

9.これでクロマキー合成の完了です。

設定自体は非常に簡単なので、応用を利かせることで、様々な合成ができます。

試してみてくださいね!

アプリカテゴリの最新記事